ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
イリス(オリス/アイリス)
市販されている香水の、ミドルノートに使われている香りの種類の中に、オリスと書かれたものがありました。
オリスって聞いたことなくて、何だろう??って思って調べてみたら、イリス(またはアイリス)のことでした。
広辞苑で調べるとオリスでは載ってなくて、イリスで調べるとアイリスに誘導されます。
アイリスはギリシャ神話の虹の女神。イリス。
とありました。
また、Wikipediaには、
イリスの聖花はアヤメ(アイリス)だが、この名もイリスに由来する。
のだそうです。
神話に由来した名前って調べるといろいろありますよね~~~。
なんだかそれだけで素敵って思っちゃいます(笑)。

イリス(オリス/アイリス)の精油についても調べてみました。
学名 Iris pallida
科名 アヤメ科
抽出部位 根茎
抽出方法 水蒸気蒸留法
主生産地 イタリア、モロッコ、中国、フランス
主成分 ミリスチン酸、γ-イロン、α-イロン、パラフィンなど
香り 甘くフローラルで温かく、包み込むようなスミレの匂い
特徴 水蒸気蒸留すると40~45℃で固形化し、黄色~黄褐色のコンクリート状になる。香水の調合に適し、素晴らしい保留剤の役割を果たす。
心への働き 強い心理作用がある。バランスをとり、かたくなな心を開かせて、心の傷を癒す。
体への働き 去痰作用、浄血作用、利尿作用があるが、高価な精油のため、普通は処方されない。
肌への働き 肌を保護し、栄養を与え、浄化する。
(参考文献:天の香り―アロマテラピーエッセンシャルオイル総覧〈2007〉)

イリスは何年か前に知り合いの方が購入されてたのを嗅がせてもらった記憶があります。
でも、香り忘れちゃいました・・・(涙)。
多分、甘かったような記憶が・・・???

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

09 | 2014/10 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

緑のgoo

毎日の検索で環境貢献
このパーツから
Powered by

広告

参考書籍