ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマ検定対策その25
女性の健康
 卵巣から分泌される女性ホルモンは妊娠出産だけのためではなく、女性自身の健康のためにも重要な働きをする。
 女性ホルモンは、卵胞ホルモン(エストロゲン)と、黄体ホルモン(プロゲステロン)の2つが分泌されている。
 卵胞ホルモンは月経から排卵まで優位になり、黄体ホルモンは排卵期以降優位になる。
  ・卵胞ホルモン:女性らしい体つきを作る・血中コレステロールの増加を防いで動脈硬化を抑制・骨にカルシウムを取り込む・皮膚や粘膜のコラーゲン産生の促進・月経をおこす、生殖器の機能維持などの働きをする。
           10歳をすぎた頃から分泌量が増え始め、20代、30代でピークになる。
           40代後半になると急激に分泌が減少してくるので、不眠やいらいら、倦怠感などの更年期症状を引き起こすこと           もある。
  ・黄体ホルモン:妊娠を成立させ、出産につなげる重要なホルモン。

 ①月経前緊張症(PMS)
  月経の1週間から10日前ごろから身体や精神に不快な症状が現れること。
  ホルモンバランスの乱れによると考えられているが、食生活の乱れストレスなどにより悪化する。
  過度なアルコールの摂取やカフェインを控え、甘いもの、肉類、脂肪分の摂り過ぎに注意するだけでも改善されることがある。
   ・主な症状:精神的には、いらいら、うつ状態、気分の落ち込み、集中力の低下、やる気が出ない、疲労感など。
          身体的には、むくみ、体重の増加、頭痛、関節痛、肌荒れ、にきび、乳房の腫れや痛み、便秘、食欲不振、眠気
          など。
参考書籍:アロマテラピー検定試験1級・2級に一回で合格するための問題集ひとりで学べるアロマテラピー検定試験1級・2級テキスト&問題集アロマテラピー検定テキスト (1級) アロマテラピー検定テキスト (2級)
注)このまとめは10年前に行ったものですので、試験範囲、詳細、最新の内容に関してはご自分でご確認ください。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。