ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

精油が人体に働く経路その3
1.嗅覚について
 ②嗅覚による刺激
  ・直接、大脳辺縁系-下垂体に働きかけることにより、
     心理的効果(リラックス)・・・大脳辺縁系
     ストレスをコントロール・・・自律神経系
     ホルモンバランスを整える・・・内分泌系
     免疫力を高める・・・免疫系
   など身体の生理的反応に結びつく。
   
 ③嗅覚の特徴
  ・敏感な感覚:すぐに感じる
  ・判別性が悪い感覚:においを判別しにくい
  ・疲労しやすい感覚:においの順応(同じ匂いを嗅ぎ続けると感じなくなる)
  ・嗅覚は個人差が大きく体調によっても感度が変わる
    *嗅覚の感度
     女性>男性
     月経時、妊娠時>通常時
     若者>お年寄り

注)内容について詳しくお知りになりたい方、また問題やイラストをご覧になりたい方は最新のテキストや参考書等を入手されることをお勧めします。
内容に関しては正確を期したつもりですが、必ずしも内容の正当性を保証するものではありませんので、ご自身でご確認ください。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。