ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

五香粉その2
中国語の先生の息子さんが大学に合格されたので、久しぶりにお呼ばれされてきました。
1年以上ぶりなので、息子さんと会うのも久しぶり。
身長が180cm超えてて、めっちゃ大きく感じたけど、最後に会ったときから変わってないとか・・・??
いやいや、大きくなってるって・・・。

久しぶりの先生のお料理、ほんとおいしかったです。
五香粉を使った料理も久しぶり。
私も買ってあるのに、あんまり使うことないので、もう少し使おうと思いました。

五香粉については、以前紹介したことがあるので転載しますね。
ごこうふん(五香粉):ウーシャンフェンとも。中国料理に使われる混合香辛料。5種の香辛料を粉末にして混ぜたもので、桂皮(ヤブニッケイ、カシアなどの樹皮を干したもの)、丁香(チョウジのつぼみを干したもの)、花椒(カホクザンショウの完熟果の果皮)が基本としてよく使われ、これに八角(八角の果実)、茴香(ウイキョウの果実)、陳皮(ミカンの果皮を干したもの)、胡椒、甘草(カンゾウの根を干したもの)、ナツメグ(ニクズクの種子の胚乳を干したもの)、などから2種類を加えることが多い。市販品が出回ってるほか、中国では好みの香辛料を選んで香料屋に混合してもらうこともある。5種類に限らなくてもよい。肉や鳥料理の下ごしらえに使ったり、仕上がりにふりかけたりする。
(マイペディアより)

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。