ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雛祭りその2
明日は雛祭りですね~~。
この間お正月だったのに・・・。
ほんと月日が経つのが早すぎる(涙)。

以前も紹介したことがありますが・・・、日本のハーブ事典―身近なハーブ活用術の、「季節の行事とハーブ」で取り上げられている雛祭りについてです。

雛祭り
3月3日は上巳の節句、桃の節句としてお馴染みの、女の子の健やかな成長を祈る雛祭りの日です。女の子のいる家庭ではお雛様を飾って愛情いっぱいにお祝いをします。(中略)雛壇には雪洞と一緒につぼみを付けたモモ(バラ科)の枝が飾られ、近所の女の子たちが集まって甘い白酒を飲み、草餅を食べます。
3月3日の節句は中国で始まったものですが、その日に雛人形を飾り、雛祭りと呼ぶのは日本特有のことです。「源氏物語」には、3月3日に陰陽師を呼び、お祓いをした人形を船で流すという情景が描かれており、人形を人の身代わりとし、穢れを払って水に流すという神事について記されています。
現在でも地方によっては、雛祭りには災いを流して願いをかなえてもらうためにお雛様を川に流す「流し雛」を行う風習があります。また、かつては子供の無事を祈って、「天児(あまがつ)」と呼ばれる人形を3歳になるまで枕元に飾るという風習があり、それが豪華になって雛人形となったという説もあるようです。
雛祭りにモモを飾るのはなぜでしょうか。その理由のひとつとして、モモが中国で霊力のある特別な植物とされてきたことが考えられます。3月3日には、桃の花の流れる川の水である「桃花水」を飲むことにより禊をするという風習や、桃の実は鬼が恐れるものであり、人に害を及ぼす鬼を殺してしまうといういわれがあるそうです。そして、木篇に「兆し」と書く「桃」という植物は吉凶の占いに通じるような呪術性も帯びています。浄血や鎮痛、緩下作用のあるモモの種子「桃仁」が、薬として用いられてきたことも特別な植物とされる一因と思われます。また、モモは一本の木にたくさんの丸々とした実を付けるため、繁栄の象徴でもあるのでしょう。
雛祭りには、ヨモギ(キク科)やハハコグサ(キク科)で作った草餅を食します。ヨモギは世界の各地の民間伝承で魔除けのためのハーブとして用いられてきました。また、ハハコグサにも同様に身体の邪気を払うという中国の伝承があります。
(日本のハーブ事典―身近なハーブ活用術より)

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。