ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苔庭その18
九州地方
・伝来寺
大分県日田市中津江村栃野1263
石と木のアクセント
鎌倉時代後期~室町時代に作庭された九州最古の枯山水庭園。庭園の随所にある石組みは、ハイゴケやエダツゴケによって厚くおおわれている。苔むした石が、庭の静寂を引き立てている。

・旧亀石坊庭園
福岡県田川郡添田町英彦山1346
石や木のアクセント
室町時代に雪舟が作庭したとされる。園池まわりの庭石はハイゴケやエダツゴケ、エゾスナゴケに厚くおおわれ、ヒジキゴケ、ホソバギボウシゴケも生える。草におおわれることのない庭石は苔の絶好の生育場所。

・清水寺
福岡県みやま市瀬高町本吉1117-4
絨毯タイプ
雪舟によって作庭された庭園。縁側から見える愛宕山とともに、庭園に広がるウマスギゴケをゆっくり眺めたい。なお、境内には愛嬌のあるケゼニゴケなども見られる。
苔三昧――モコモコ・うるうる・寺めぐりより

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。