ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苔庭その14
・東福寺
京都市東山区本町15-778
模様タイプ
重森三玲によって作庭された4つの枯山水庭園がある。北庭はウマスギゴケと石を用いて市松模様が描かれており、斬新なデザイン。南庭の枯山水の迫力ある石組み、西庭の市松も世湯のサツキを用いた枯山水も見ごたえがある。

・芬陀院(東福寺)
京都市東山区本町15-803
絨毯タイプ
東福寺の塔頭のひとつ。雪舟が作庭したと伝わる枯山水庭園があり、雪舟寺ともよばれる。円い「悟りの窓」から、ウマスギゴケがおおう苔庭を心静かに眺めたい。

・光明院(東福寺)
京都市東山区本町14-809
自然タイプ
東福寺の塔頭のひとつで作庭は重森三玲。庭園(波心庭)は一面ウマスギゴケと白砂におおわれ、「虹の苔寺」ともいわれている。サツキの刈り込みと庭石、そして苔地と白砂を隔てる滑らかな曲線との組み合わせが美しい。
苔三昧――モコモコ・うるうる・寺めぐりより)

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。