ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病害虫
サボテン、多肉植物に多い病害虫の紹介です。
昨年末から多肉植物に興味を持ち始めましたが、実はサボテンは大学時代から興味があり、何度も枯らせてます・・・(涙)。

病気
・クキグサレ病
サボテン類にはクキグサレ病がもっとも多く、また始末に困るものです。フザリウムやフィトフィトラなどの細菌が原因で。地ぎわのところから鎖が発生します。進行すると赤、あるいは黒く変色して、ついには植物全体がグシャグシャに腐ってしまいます。
腐りを見つけたときは、すぐに鉢から抜き、腐った部分をナイフなどで切除しますが、たいていの場合、スパッと切断してしまうことになります。切断すると、健康な部分と病気にかかった黒くなった部分が見えますから、黒い部分がなくなるまで切り進んでいきます。
きれいに切り除いたら、切り口にダイセンや石灰などを塗り、乾燥させます。
丸型のサボテンの場合は、残った部分がサシ木するには薄くないすぎてしまし、たいていは捨てることになります。小さいものであればつぎ木などによって助けることができます。
柱形のものであれば、切り口を十分に乾燥させて(10~15日くらい)から、さし木をすれば根付いて生育します。
(サボテン・多肉植物より)

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。