ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

養蜂
去年から養蜂を始めたとコメント頂いた年賀状が届きました。
養蜂、めちゃくちゃ興味あって、このブログでも書いたことありますし、実際に養蜂を始めようと父をそそのかして(?)いたこともありましたし(母に止められた・・・)、やってみたいことの1つなんですよね。

コメントには、今年はおいしい蜂蜜が取れそうです、とありました。
いいな~~~~~~~~。
見に行きたい!!!!
ちょっと遠方の方からの年賀状なので、実際に見に行くことは出来ないかもしれませんが、是非いろいろと伺ってみたいと思います。

Wikipediaによると、
採蜜時期
定置養蜂では、年間スケジュールが自然の状態と似ている。ただし、養蜂を営む地域や蜂蜜の対象となる花の種類によって時期は前後する。以下では、日本国内の太平洋沿岸地域を例にとる。
11月から3月の間は巣箱を回収し、室内(越冬庫)に保管する。ミツバチが活動を再開しないように温度や光量を管理する必要がある。4月から5月にかけては女王蜂が卵を産み、3週間後に働き蜂が作業を開始する。養蜂には巣箱当たり2~3万匹の働き蜂が必要である。
5月から6月にかけて、巣箱を屋外に配置し、採蜜作業を行う。
共に巣礎が蜂蜜でいっぱいになったら、巣箱に煙を通してミツバチの活動を押さえ、遠心分離機を用いて蜂蜜を回収する。6月から11月は休閑期に相当し、ミツバチが回収した蜂蜜は採蜜せず、ミツバチ自身の利用にまかせる。
(Wikipediaより)
だそうです。

蜜が取れるのはあと半年後みたいですね。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。