ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リンゴ病
リンゴ病の感染が増えてるそうです。
リンゴ病って、ウイルスによる感染症だったんですね。
大人も感染するらしく、関節痛で歩けなくなったりするそうです。
特に妊婦さんは、感染により、流産や死産になるおそれもあるそうなので、お気をつけくださいね!!!

ニュース記事はこちら。
リンゴ病、過去10年の同期で最多-5県で警報値、埼玉は前週比3割増
ほおが赤くなることからリンゴ病とも呼ばれる「伝染性紅斑」の、先月22日から28日までの週の患者報告数が過去10年の同期で最多を記録したことが7日、国立感染症研究所のまとめで分かった。都道府県別では上位5県で警報レベルに達した。このうち前週から3割以上増えた埼玉県は、3-7歳が患者全体の約7割を占めているとし、子どもの体調がすぐれない場合は早めに医療機関を受診するよう呼び掛けている。【丸山紀一朗】
先月22日から28日までの週の全国の患者報告数(小児科定点医療機関約3000か所)は、前週比約26%増の定点当たり1.12人となった。
都道府県別では滋賀が2.91人で最も多く、次いで長野(2.54人)、埼玉(2.53人)、福島(2.41人)、大分(2.03人)などの順で、これら上位5県で警報基準値の2.0人を上回った。
全国で最多の滋賀県は全域で警報を発令しており、「過去 5 年の同時期と比較して最も高い値」と警戒を強めている。また長野県も過去5年の同時期で最も多い状況として、手洗いやうがいなどの感染予防を心掛けるよう促している。
さらに東京都でも前週から約2割増えており、保健所管内別に見ると、台東と荒川区、板橋区、足立、町田市、南多摩、多摩立川、多摩府中で警報値を上回った。
伝染性紅斑の原因はヒトパルボウイルスB19感染で、10-20日ほどの潜伏期間の後に、ほおに赤い発疹が現れた後、手や足にも網目状の発疹が現れる。小児が感染してもほとんどが重症化せずに軽快する。
一方、成人では、ほおの赤い発疹などの特徴的な症状が出ることは少ないが、強い関節痛のために歩けなくなることもある。妊婦が感染すると、本人には全く症状がなくても胎盤を介して胎児に感染し、流産や死産となる可能性があるという。
7月7日(火)13時5分配信
(ヤフーニュースさんより)

感染予防といえば、やっぱりオレガノかな。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。