ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

記憶の再現
光の刺激で楽しい記憶を再現して、うつを改善する実験に成功されたそうです。
光の刺激で楽しい記憶って再現できるんですね。
ってことは、嗅覚のプルースト効果でも記憶の再現ってできそうな気が・・・??

脳細胞を光で刺激、うつ改善=「楽しい記憶」再現、マウスで-理研
うつ状態にしたマウスの脳細胞を光で刺激して「楽しかった記憶」を人為的によみがえらせ、うつを改善する実験に、ノーベル医学生理学賞受賞者で、理化学研究所の利根川進博士らの研究チームが成功した。研究成果はうつ病のメカニズム解明や、将来の治療法開発につながると期待される。論文は17日付の英科学誌ネイチャーに掲載された。
利根川博士らは、神経細胞に光に反応するたんぱく質を組み込んだ遺伝子操作マウスを生み出し、脳内で光を照射することで、狙った神経細胞群だけを活性化する技術を開発。記憶の仕組みを探る研究を続けている。
研究チームは、オスのマウスをメスのマウスと一緒に過ごさせて「楽しい記憶」を与え、そのときに反応した脳の海馬と呼ばれる部位にある神経細胞群に対し、特定の光で反応するたんぱく質を組み込んだ。次に、ストレスを10日間与えてマウスを「うつ状態」にした。うつ状態になったマウスは、通常のマウスと比べ、おいしい餌を探そうとする意欲や、苦痛から逃れようとする努力が減退する傾向を示した。
しかし、「楽しい記憶」を与えたときに反応した神経細胞群に光を照射して活性化させると、照射されている間に限り、通常のマウスと同じレベルにまで意欲や努力が戻った。(2015/06/18-02:19)
(時事通信社さんより)

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。