ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第55回香りトワ・エ・モアセミナー
5月15日にフレングランスジャーナル社さんで行われるセミナーのテーマは中世の占星医師とアロマティックスで、講師はバーグ文子さんです。
最近、バーグ文子さんのセミナー多くないですか?
ここでも結構紹介してるような・・・?
人気講師さんなんですね。

セミナー内容は↓。
締め切りは13日までですので、興味のある方はお早めに!!
第55回 中世の占星医術とアロマティックス
日時:2015年5/15(金)(受付:14:30~) 15:00~17:00
会場:香りの図書館/閲覧室(弊社ビル2F)
*受講者数により、やむを得ず会場を変更することがございますので予めご了承下さい。
受講料 5,000円(税込)(香りの図書館 会員の方は、4,000円(税込))
*こちらのセミナーは「当日払い」は受け付けておりませんので、ご注意下さい。
締切日 2015年5/13必着
講師:バーグ文子 先生・・・ロンドン・スクール・オブ・アロマテラピー(LSA) 日本校校長 
科学が発達する前の世界では薬用植物や芳香植物、精油が病気の治療に主要な役割を担っていました。そしてMRI や血液検査などの洗練された診断技術や細菌学もなかった時代は、大宇宙(外界)と小宇宙(自分自身)との関係性を重視して人を観察し、自然の物質を使って治療をして来ました。17世紀の医師ニコラス・カルペパーが著述した本「カルペパーズ・コンプリート・ハーバル」と「イングリッシュ・フィジシャン(英国の医師)」を元に、どのようにアロマティックス(芳香植物や精油)を用いたかを紹介します。病状だけでなく、自分自身の持って生まれた体質や気質を考慮するヒポクラテスの説いた四体液説とホリズムを踏襲する方法です。また、チャートを元にした精油のブレンドを実際のセラピーに取り入れる方法を数例ケーススタディーとして取り上げます。初心者の方でも取り入れやすく説明し、ワンダ・セラー氏の「メディカル・アストロロジー」が難しいと思われる方には、良い導入講座になります。
*中世の世界観と占星術 *ニコラス・カルペパーについて *四体液質とアロマティックスのつながり *天体、サイン(星座)とアロマティックスのつながり *占星術チャート(ネイタル・チャートとデカンビチュア・チャート)*ケーススタディー(専門領域:アロマテラピー・占星術・中世植物誌)
略歴
ロンドン・スクール・オブ・アロマテラピー(LSA)日本校校長。ジャパン・ハーブ・ソサエティー顧問。オーガニックコスメ協会顧問。英国IFA認定プリンシパルテューター・認定アロマテラピスト、英国ITEC認定講師、テンプル大学心理学研究科卒。アドバンスト・アロマテラピー/アロマティック・アルケミー(フレグランスジャーナル社)/パトリシア・デーヴィスのアロマテラピー占星術(東京堂出版)など著書、翻訳書多数。現在、アメリカのルネッサンス占星術師のもとで研究を続ける。
(フレグランスジャーナル社さんHPより)

申し込み詳細は上記リンク先でご確認ください。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。