ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

紅茶
紅茶の成分の中に、骨粗しょう症を改善する物質が確認されたそうです。
私は今のところ骨密度は測定エラーが出るほど詰まってる(?)みたいですが、今後どうなるかわかんないし、紅茶飲もうかな~~~。

ネットの記事は↓です。
紅茶成分で骨粗鬆症改善 阪大などマウス実験
2015年2月24日
大阪大などの研究グループは、紅茶に多く含まれる物質がマウスの体内で骨を壊す細胞ができるのを妨ぐことを実験で確認し、論文にまとめた。紅茶の成分をとることで骨が弱くなる骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の改善につながる可能性があるという。論文は24日、米医学誌ネイチャーメディシン電子版に掲載される。
骨は新陳代謝をしており、健康な骨を維持するには、骨を壊す破骨(はこつ)細胞と骨をつくる骨芽(こつが)細胞の数のバランスが大切とされる。破骨細胞が多すぎると、骨が弱くなり骨折のリスクが高くなる。骨粗鬆症の患者は高齢者に多く、日本で1千万人以上いると考えられている。
研究グループは、破骨細胞が作られるのに関係する物質と反応する酵素に着目。紅茶に含まれるTF3というポリフェノールの一種によって、酵素が働かなくなることを発見した。
骨粗鬆症になった実験用のマウスの血液中にTF3を一定期間入れたところ、破骨細胞の数が減っていた。骨の量が増えており、ほぼ健康な骨に改善した。
実験でマウスに与えたTF3の量を体重60キロの人が紅茶でとるとすると、3日に1回、60杯を飲むのに相当するという。
阪大の西川恵三助教(免疫学)は「カルシウムの摂取と合わせてTF3を機能性食品やサプリメントとして使うことなどで、ヒトの骨粗鬆症の予防や症状の改善につながる可能性がある」と話す。
朝日新聞さんより)

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。