ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火鍋その2
先日、中国語の先生から火鍋の元を頂いたので、作ってみました。
まずは半分の量で試してみましたが、味見の段階で咳き込むくらい辛い・・・。
でも、塩加減としては薄いので、更に追加し3/4ほどを使いました。
羊のお肉も最近少しニオイが気にときもありましたが、今回は大量に入っているスパイスの香りであまり気にならず、おいしく頂けました。
スパイスは、唐辛子に、ニンニクやしょうが、花椒、シナモン、クローブなどが入ってそうです。
食べてるうちに舌がしびれてきて、楽しかったです(笑)。

火鍋
火鍋(ひなべ、フゥオグゥオ)は、中国人の食文化において広く知られる鍋料理。中国大陸に限らず、香港、マカオ、台湾、シンガポール、マレーシアなどの華僑社会でも食され、その他日本やアメリカなど世界の中華街や、火鍋専門店などの中華料理店においても提供されている。
概要
火鍋の起源は、内モンゴルの羊肉料理として発祥したものであるとか、磁器口の船乗りが牛・豚の内臓に塩・山椒を振りかけて完成した事により広まった「重慶火鍋」、「四川火鍋」などの名称で火鍋料理が知られるように、中国四川省を発祥としているとも言われるが、はっきりとはわかっていない。鍋の由来も、中国の殷または周の頃に国王が鼎を作り、火で煮て食べたのが鍋の雛形であるとか、漢代の軍中の用具であった「焦斗」を火鍋の始まりだとするものなどがある。
(Wikipediaより)

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。