ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第51回香りトワ・エ・モアセミナー
9月24日にフレグランスジャーナル社さんで行われれる第51回香りトワ・エ・モアセミナー、面白そうです。
申し込み締め切りは明日までですので、興味のある方は是非!!
詳細は一番下のリンク先をご覧ください。

香りの図書館「香りトワ・エ・モア」セミナー
第51回 皮膚・粘膜の微生物エコロジーと精油成分─そのアロマテラピーへの展開─
日時:2014年9月24日(水)(受付:14:30~) 15:00~17:00
会場:香りの図書館/閲覧室(弊社ビル2F)
*受講者数により、やむを得ず会場を変更することがございますので予めご了承下さい。
受講料:5,000円(税込)(香りの図書館 会員の方は、4,000円(税込))
お申込みフォーム、お客様コード(会員証に記載の番号)を 必ず明記してください。
※こちらのセミナーは「当日払い」は受け付けておりませんので、ご注意下さい。
締切日:2014年9月19日必着
講師:安部 茂 先生 帝京大学 医真菌研究センター 所長 医療技術学部スポーツ医療学科 教授 
精油は、植物によって作られ、植物や動物との間でコミュニケーションをとる手段と考えられています。しかし、最近は真菌である酵母も、自ら精油成分を作ってさまざまなコミュニケーションを行い、自らの生存に適した環境条件を作ることが明らかになってきました。哺乳類の皮膚・粘膜の微生物エコロジーに、カンジダが産生するセスキテルペンアルコールなどが関与する例を説明します。さらにその性質を利用して、皮膚粘膜疾患に対するアロマテラピーでテルペンアルコールを使用すると、エコロジーの乱れが是正されるだけでなく、炎症も抑制され衛生状態が改善できる場合があることを紹介いたします。アロマを用いて化粧品、衛生材料の開発を目指している方に役立つ内容にしたいと考えています。
安部茂先生略歴
ご経歴:東京大学薬学部卒業、同薬学 博士
現在、帝京大学医真菌研究センター所長 医療技術学部 スポーツ医療学科教授
賞罰:日本医真菌学会賞(2010年)他
学会活動:日本医真菌学会(理事)標 準化委員会委員長、日本細菌学会、日本アロマセラピー学薬学会 他
フレグランスジャーナル社さんHPより

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。