ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苔庭その11
・龍源院(大徳寺)
京都市北区紫野大徳寺82-1
自然表現タイプ
大徳寺の塔頭の一つ。「京都洛北の苔寺」と呼ばれる。境内には4つの庭園があり、室町時際につくられた枯山水庭園「龍吟庭」では、苔地(ウマスギゴケ)によって大海が表現されている。庭にある石組みは「蓬莱山」を現し、その右手前の石は蓬莱山に向かう舟を表現している。

・瑞峯院(大徳寺)
京都市北区紫野大徳寺81
自然表現タイプ
大徳寺の塔頭の一つ。3つの庭があり、いずれも重森三玲による作庭。独坐庭では植木と巨石を用いて蓬莱山が表現され、そのまわりにはウマスギゴケが植えられている。雄大な石組みと苔がつくりだす景色にりんとした空気が張り詰める。

・廬山寺
京都市上京区寺町とおり広小路上ルきた之辺町397
自然表現タイプ
紫式部となじみが深く、紫式部邸跡とされる。庭園は「源氏の庭」とよばれ、白砂にウマスギゴケとキキョウが植えられている。なお、苔地は雲を表現している。

・龍安寺
京都市右京区龍安寺御陵下町13
絨緞タイプ、自然表現タイプ
枯山水の石庭は広く海外にも知られている。白砂は大会を、石は海に浮かぶ島を表しており、石のまわりに植えられたウマスギゴケが低wんの静寂さを引き立てている。石庭が注目されがちだが、龍安寺境内にはシラガゴケ類などがむす見事な苔地もある。
苔三昧――モコモコ・うるうる・寺めぐりより)
スポンサーサイト

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

苔庭その10
・天授庵(南禅寺)
京都市左京区南禅寺福地町86-8
絨緞タイプ、模様タイプ
南禅寺の塔頭の一つ。境内の枯山水庭園では、白砂の中に設置されたひし形の畳石がウマスギゴケで縁取られている。作庭後、数百年を経てもなおモダンなデザイン。隣接する庭にはヒノキゴケやスギゴケ類がむしており、雰囲気の異なる苔庭を一度に楽しめる。

・慈照寺
京都市左京区銀閣寺町2
絨緞タイプ
銀閣寺。東山文化を代表する寺院で、本庭園は西芳寺庭園を手本にしてつくったとされている。山裾を巧みに利用した回遊式庭園には、オオスギゴケ、コバノチョウチンゴケ、コムチゴケ、アカイチイゴケなどが一面にむし、邸wんをしっとりおおう。水路にはジャゴケやアオハイゴケが生えており、山地から水辺まで、さまざまな苔が見られる。

・法然寺
京都市左京区鹿ヶ谷御所ノ段町30
絨緞タイプ
茅葺の山門が風情を誘う寺院。境内はシガラゴケ類やヒノキゴケにおおわれ、しっとりとした趣がある。通労わきのふわふらのヒノキゴケに癒される。

・高桐院(大徳寺)
京都市北区紫野大徳寺町73-1
絨緞タイプ
大徳寺の塔頭の一つ。「楓の庭」とよばれる庭では、エダツヤゴケを主として、シラガゴケ類、クサゴケ、アカウロコゴケなどが庭を一面におおい、その中にカエデが植えられている。紅葉と苔のコントラストが有名だが、鮮緑の季節も美しい。
苔三昧――モコモコ・うるうる・寺めぐりより)

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

3500
約10日ほど前に3500個達成してました。
ちょっと前まで気にしてたのに、すっかり忘れてました(涙)。
ということで、教は苔庭の紹介中断です。

次は4000かぁ・・・。
頑張ってみますね。
お付き合いよろしくお願いします。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

苔庭その9
京都市
・三千院門跡
京都市左京区大原来迎院町540
絨緞タイプ
京都市内からやや離れた大原の里にある古刹。境内はシラガゴケ類、コバノチョウチングオケ、ウマスギゴケ、ヒノキゴケ、エダツヤゴケなどでおおわれて、静寂に包まれている。

・圓光寺
京都市左京区一乗寺小谷町13
絨緞タイプ
牛を追う牧童の様子を題材にしてつくられた庭園で、紅葉の名所として有名。石の牛が苔(ウマスギゴケ)の絨緞の上で休んでいるように見える。

・修学院離宮
京都市左京区修学院藪添1-3
絨緞タイプ、土の上のアクセント、石と木のアクセント
離宮とは、皇居以外に設けられた天皇や上皇の別邸のこと。修学院離宮は3つの庭園(下御茶屋、中御茶屋、上御茶屋)に分かれており、ウマスギゴケ、やオオシッポゴケ、ヒノキゴケにおおわれて美しい。山裾に位置して湿度が高いためだろうか、苑路わきにもいきいきと苔が生える。麦粒のようなイクビゴケなど、都市部ではほとんど見かけない種も多く生える。

・南禅院(南禅寺)
京都市左京区南禅寺福地町86
絨緞タイプ
南禅寺の別院で、南禅寺の発祥の地といわれている。庭園の作者は西芳寺と同じく、夢窓疎石。方丈の前にはウマスギゴケの苔地が広がり、滝周りにはアオハイゴケやナガサキホウオウゴケが見られる。苔むす茅葺屋根が歴史を感じさせる。
苔三昧――モコモコ・うるうる・寺めぐりより)

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

苔庭その8
・吉城園
奈良県奈良市登大路町60-1
絨緞タイプ
依水園に隣接する名園。絵院内には「苔の庭」があり、茅葺屋根の茶室の前庭にウマスギゴケが一面に植えられている。園路わきにはヒノキゴケやコバノチョチンゴケなどでおおわれている。

・正智院
和歌山県伊都郡高野町高野山159
土の上のアクセント
巨石を背景にした枯山水庭園が圧巻。スギの木立の中、巨石と庭石、そしてウマスギゴケがつくる景色には霊場・高野山の神聖な雰囲気が漂う。

・宝善院
和歌山県伊都郡高野町高野山568
絨緞タイプ
小堀遠州策とされる庭園。庭の規模は決して大きくないが、滝の流れを表現した石組みは見ごたえがある。庭園はコツボゴケやエダツヤゴケに「よっておおわれ、しっとりとしている。

・高源寺
兵庫県丹波市青垣町桧倉514
絨緞タイプ、石や木のアクセント
もみじの寺として知られる。湿度が高い成果、境内の石像や樹幹にはいろいろな苔がみられる。樹幹にはキヨスミイトゴケやスズゴケなど、庭園ではあまりお目にかかれない種も生えている。苔におおわれたお地蔵様はどこか愛らしい。
苔三昧――モコモコ・うるうる・寺めぐりより)

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。