ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チャノキ
お茶の木、買ってきました~~~。
最初、このブログでお茶の木がほしいって書いたのが、8月の半ば。
その後、いろいろ調べたり、たま~~~にいく果樹を購入するお店に在庫の問い合わせをしたりしてましたが、やっと購入することができました。

品種は、おくみどりにしました。
お店には、やぶきたとさやまかおりがあって・・・、もしかしたらチャノキがあるかも?と思いながら、問い合わせることもなく行ったので、下調べなしに購入することに・・・(涙)。
やぶきたは日本を代表するお茶の品種だそうで、ちょっと面白くないかなぁ・・・なんて思い、さやまかおりは香りって名前に惹かれたものの、こちらも関東から九州までの広いエリアで育てられているそうで、3つの中では一番栽培エリアが小さいおくみどりにすることにしました。

とりあえず、2本購入。
チャノキは挿し木で増えやすいそうなので、今後もう少し増やしてもらい(って、自分でしないのね・・・、って思われますがそのとおりです・・・)、自家製のお茶を飲みたいと思います。

30cmちょっと位の苗なので、まだまだ時間がかかると思いますが、気長に自家製のお茶ができるのを楽しみたいと思います。
スポンサーサイト

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

地区イベントアロマセミナー2015鹿児島会場
12月6日に行われる地区イベントセミナー鹿児島会場の申し込みが始まりました。

鹿児島会場でのセミナー内容は↓。
セミナー1
やさしくひも解くアロマの世界
ほんの少し前まで、アロマは摩訶不思議な植物の産物でした。科学の進歩と共に、驚異的なスピードでアロマの世界が明らかにされつつあります。今回は「健康」と「美容」に対する精油の最新研究結果を、分かりやすく解説します。
講師:野田信三氏
AEAJ学術・精油委員。アロマテラピー学雑誌編集委員長。工学博士(香学)。東洋大学生命科学部ならびに理工学部非常勤講師。香料会社を退職し、健康に寄与する香り・味の利用について研究を続けている。経済産業省地域資源活用型開発事業総括研究代表を務め、平成23年度日本蚕糸学会進歩賞を受賞。著書『やさしくわかるかおりのしくみ』(株式会社食品研究社)。
セミナー2
お天気に合わせてアロマを変える「ウェザーアロマ」
お天気や季節の変わり目(気温・気圧・湿度・日照などの急変)で引き起こされる気象ストレスを見極め、同じ自然の力であるアロマテラピーによって、心身を優しく和らげる方法をご紹介。今回は冬の「ウェザーアロマ」に着目し、お話しします。
AEAJ認定アロマテラピーインストラクター・アロマセラピスト。気象予報士。空の変化により生じる心身の不調を予測し、アロマテラピーでケアする「ウェザーアロマ」を考案。「ウェザーアロマセラピスト」として活動中。講座を行うほか、アロマテラピー専門誌、民間気象会社webページなどにてコラムを連載。
講師:市丸数馬氏
(日本アロマ環境協会様HPより)

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

薬膳・漢方検定
先日本屋さんで薬膳・漢方検定のパンフレットを見つけました。
こんな検定もあるんですね~~~。
来年2月に検定があり、もう3回目だそうで・・・。
全然知らなかったです。

検定についての説明は、
薬膳・漢方検定とは?
「薬膳」という言葉からどんなイメージが浮かびますか?
「辛い火鍋」「珍しい食材が使われている中華料理?」「お薬みたいな味かしら」「高価でめったに食べられないもの」など、さまざまな声を聞きます。
特別な食材を使うのが薬膳ではありません。身の周りに存在し、日々皆さんが食べているものが薬膳の素材です。
当検定では、まず薬膳を学ぶうえでは欠かせない「漢方」の基本的な知識と、私たちの生活に応用されている考え方を学びます。そのうえで、薬膳の基本的な知識と代表的な食材の特徴を学びましょう。
多くの方がこの検定をとおして、薬膳・漢方の基礎知識を学び、自然にあるもので日常生活をより快適に生きるすべを身につけていただくことを願います。
(薬膳・漢方検定検定紹介より)

受検料は5,940円ですが、インターネットでのみ早期割引で5%OFFの5,643円になるそうです。
早期割引は定員になり次第締め切られるらしいので、受験をお考えの方はお申し込みお早めに!!
インターネットでの受験申し込みはこちらになります。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

枸杞(クコ)の実
クコの木を去年の今頃買って、父の畑に植え方のが今年の春。
先日、朱色に色づいた実を母が収穫してくれました。

クコの実は生で食べると甘さをそんなに感じなく、あとから苦味がくるので生職は全然おいしいとは思えないのですが、乾燥させるとおいしいんですよね。
今までもドライフルーツ(?)のクコの実はよく購入して、そのまま食べたり、お茶に入れたり、料理に使ったりと、いろいろ利用してます。
中国語の先生にクコは眼にいいと教えてもらって、眼にいいといわれる菊茶と一緒に淹れてもらったお茶をよく頂いたことがあります。

とりあえず、収穫した実を乾燥させようとしているのですが、クコの実から蜜のようなものが出てきて、実同士がくっついちゃって、これでちゃんと乾燥するのかなぁ??とちょっと不安(涙)。
ネットで調べてみても、乾燥時に蜜が出ると書かれたものはないし・・・。

あまり自身はありませんが、うまく乾燥させられたらまた報告しますね。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

害虫
先日のエキナセアに続き、ローズマリーも双葉の片方を食べれたようです(涙)。
ほんとに何が原因なのかなぁ・・・??
とりあえず、その後はエキナセアもローズマリーも葉っぱが減ってることはないので大丈夫そうですが、本格的な冬に入るまで油断はできないですね。

他に見つけたのだと、かたつむりがカモミールローマンの葉っぱを食べてるようでした。
ローマンは結構芽がちゅんちゅんとたくさん出てくれてたのに、やわらかい時期に根元まで食べられたものが多く、発芽した芽の1/3は食べられちゃったと思います(涙)。
多分犯人はかたつむりじゃないかと・・・。
あと、かたつむりはオレガノの植木鉢の中にもいました。
見つけたら移動させないとですね。

先日大丈夫って書いたルッコラも初めて虫がついてるの見つけました(涙)。
重なってる葉っぱをたまたまペロってめくったら、糞とともに緑のいも虫のようなものが・・・(涙)。
糞って虫がいる目印になりますね。

先日、数匹の蝶がサンチュやエンダイブ、パクチーのあたりをひらひらと飛んでましたが、蝶も卵を産むと幼虫が葉っぱ食べるし、要注意(涙)。
今までみかけなかったカメムシもたまに見かけることがあるので、こちらも注意・・・。

無農薬で虫対策ってほんと大変(涙涙)。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

09 | 2015/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。