ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とり木
植え替えることになったセージは、父の畑ののり面に植えてもらったものです。
6本植えてもらって2本枯れてしまいました。
原因は虫と、のり面ってことで水がとどまらず水不足だったのかも?ということで、平らな場所に植え替えることにしてもらいました。
実は、ローズマリーものり面に植えていたので、こちらも一緒に植え替えてもらうことにしました。

セージは植え替えるときに、ちょっと立派な1本をとり木することにしました。
私がしたとり木は枝伏せ法で、枝の途中を土の中に埋めてそこから根っこを出す方法です。
セージは挿し木をするよりとり木の方が根が出やすいらしいので、こちらも試すことにしました。

うまくいけばローズマリーもとり木をしたいと思ってますが、ローズマリーはちょっと弱々しいので、しばらく様子見かな??
まずは移植がうまくいかないとですね。
スポンサーサイト

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

挿し木
セージを植え替えることになったので、その前に挿し木をしました。

調べてみると、挿し木はまず15cmほどに枝を切り、切り口を斜めにカットして1時間ほど水を吸わせ、その後挿し木をするための土に挿すとあったので、その通りにするはずが・・・。
とりあえず、最初の6本は調べた通りの手順がそこそこできたかな・・・??って感じ。
でも、水を吸わせてる時間は1時間もなかったですね。
葉は茎の下の方にある葉を全部落とし、上の方の葉も2/3ほど切り落としました。
根は2~3週間で発根するらしいので、それまでしっかり見守りたいと思います。
土はほんとは挿し木用の土があるようですが、うちにあった種を育てるための土にしました。
ちゃんと根付いてくれるといいな~~~。

挿し木作業の後、すごく弱ってるセージを観察してみると、虫の糞のような黒い粒がたくさんあるので、よ~~~~く見てみると葉っぱが丸まってるものが2~3個・・・。
これってもしかしたら虫??
と思って調べてみると・・・、やっぱり・・・(涙涙)。
今回は蟻じゃなくて、毛虫のような芋虫のような長細い虫が葉っぱに包まってました(涙涙涙)。

なんだか・・・、ポケモンのクルミルが嫌いになりそう・・(涙)。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

発芽その3
今月半ばにまいたハーブの種、ほとんどの種が発芽してくれました。
まだ全く発芽の気配のないのは、ローズマリーだけです。
あと・・・、ばらいまいちゃったマジョラムがどうなってるのか・・・??な感じですけど・・・。

無事発芽してくれたのは、
レモンバーム
コリアンダー
フェンネル
エキナセア
ラベンダー
チャイブ
ポロネギ
ワームウッド
スペアミント
チャイブ
です。

コリアンダーとエンダイブはハーブ坪庭の方に植え替えました。
フェンネルが線香花火の終わりかけのような葉っぱが出てきて、めちゃくちゃかわいいので、どこに植えようか迷ってます(笑)。
あと鉢植えにしたユーカリレモンもいい感じに緑色の葉っぱをつけてくれてます。

どのハーブも大きくなるのがめちゃくちゃ楽しみです!!!!

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

地区イベントアロマセミナー2015名古屋会場
10月31日に行われる地区イベントセミナー名古屋会場の申し込みも始まっています。
こちらは沖縄会場より早い10月16日が締め切りですので、参加ご希望の方はお早めに!!

名古屋会場のセミナー内容はこちら↓。
ポプリとアロマ~香しい成功の秘訣~
アロマテラピーとポプリの良い所を組み合わせた「ニューモイストポプリ」(若さ維持が期待できる「ピンク呼吸法」のポ
プリや、認知症になりたくない人へのおすすめポプリなど)のレシピと作り方をご紹介。心身の健康に働きかけるポプリ
テラピーで、健やかなサクセスライフを目指しましょう。
講師 熊井明子氏
AEAJ顧問。作家・熊井明子ポプリの会主宰。長年ポプリの研究をし、ハーブにも造詣が深い。1999年、第7回山本安英賞受賞。著書は『シェイクスピアの妻』『夢のかけら』『香りの力-心のアロマテラピー』(春秋社)、『私の部屋のポプリ』『熊井明子のポプリテラピー』(河出書房新社)、『「赤毛のアン」の人生ノート』(岩波現代文庫)ほか多数。

中世僧院医学からハーバリストに続く薬草学 聖ヒルデガルトの香り
中世の修道院長である聖ヒルデガルト・フォン・ビンゲンの自然学。現代にも通じる彼女の生き方や知恵を、具体的に生
活に役立てる方法でご紹介します。僧院医学からハーバリストたちの活躍までの、歴史上の人物についてもお話しします。
講師 長谷川 弘江氏
(社)自然療法機構認定自然療法士。薫物屋香楽・認定香司。ヒルデガルトフォーラム・ジャパン副代表。KCS熊井明子ポプリの会講師。闘病体験後、伝承と身近な植物のルネサンスをテーマに活動中。著書『癒しのお香』、共著『日本のハーブ辞典』『絵師で彩る世界の民族衣装図鑑』『絵師×魔女・魔法少女図鑑』など。
(日本アロマ環境協会様HPより)

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

地区イベントアロマセミナー2015沖縄会場
地区イベントセミナー、沖縄会場の申し込みが昨日から始まっています。
締め切りは10月20日までです。

セミナー内容は↓。
香りで自分探し
香りはいろいろなことを気づかせてくれます。今回は、柑橘系精油の中からあなたを好印象に導く香りを探していきます。
20年以上続けているリーディング結果2500症例の分析から、香りによる心理の読み方を紹介し、数種類の香りを楽し
みながらあなた自身を探していきます。
講師 苑田みほ氏
AEAJ資格教育委員。AEAJ認定アロマテラピーインストラクター・アロマセラピスト。ビィメロウ主宰。フィトテラピスト。フィト・コミュニケーション協会会長。(財)メンタルケア協
会認定メンタルケアスペシャリスト。現在は植物療法を交えた、アロマテラピーおよびハーブ講師、独自の植物との関わりを中心とした“コミュニケーション・サイコアロマ”という心理
コースおよびカウンセリングを主な活動としている。

命をつなぐ植物の香りと、命と人をつなぐアタイグヮー
植物における精油の存在場所と、香りの役割、香りの出る仕組みを解説。サンニン(月桃)やイーチョーバー(ウイキョウ)などの植物
が、香りによって外敵から身を守り命をつないでいる仕組みを理解し、植物との付き合い方に新たな視点を加えます。さらに、命をつ
なぎ、人と人とをつないでいるアタイグヮー(菜園)を再評価します。
講師 木村正典氏
AEAJ環境カオリスタ委員。ジャパンハーブソサエティー理事。博士(農学)。元東京農大准教授。NHK「趣味の園芸やさいの時間」元講師ハーブの栽培や精油分泌組織の研究に長く携わる。著書に『有機栽培もOK!プランター菜園のすべて』(NHK出版)、『二十四節気の暮らしを味わう日本の伝統野菜』(GB)、『ハーブの教科書』(草土出版)。
(日本アロマ環境協会様HPより)

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。