ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アロマ研究室
日本アロマ環境協会様HPには、アロマ研究室っていうページがあるんですね。
かなりHPはお邪魔させてもらってるつもりですが、今まで知らなかったです。

前回紹介されている内容が、基材によって異なる精油成分の皮膚透過性。

内容は↓になります。
No.9 基材によって異なる精油成分の皮膚透過性
精油にはさまざまな活用法があります。芳香浴以外にもキャリアオイルにブレンドしてトリートメントをしたり、浴槽に滴下して沐浴をしたり、エタノールや精製水で希釈してオリジナルのコスメを作ったりと、肌に塗布する方法も少なくありません。精油成分を水、エタノール、ホホバ油、オリーブ油に希釈した時の皮膚への透過性の違いを調べた研究データをご紹介します。
今回の実験に用いられた精油成分では、どの成分も共通して、キャリアオイルを基材とした場合よりも、水を基材とした場合のほうが、皮膚への透過性が高いということがわかりました。
実験方法
実験では、実際のヒトの皮膚(角層)の代わりに、脂溶性の膜であるシリコーン膜を用いました。また、精油成分はオイゲノール、シンナムアルデヒド、チモール、1,8シネオールを、基材には水、エタノール、ホホバ油、オリーブ油を使用しました。今回は、1,8シネオールの結果をご紹介します。
1,8シネオールの透過性
精油成分である1,8シネオールをホホバ油と水で希釈した場合の皮膚への透過性を比較すると、ホホバ油の2.1×10⁻⁷(cm/s)に対して水では13×10⁻⁷(cm/s)と、高い透過性を示しました。またオリーブ油やエタノールよりも高い透過性でした。
(アロマ研究室より)

詳細は上記リンク先でご確認ください。
スポンサーサイト

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

オナモミ
オナモミが絶滅危惧腫で、近畿ではもう絶滅しているというニュースを見かけました。
犬の散歩時に愛犬がオナモミをひっつけてかえってきた覚えがありますが、あれは外来種だったのかなぁ・・・??

記事は↓。
ひっつき虫の「オナモミ」実は絶滅危機 毛の少ない外来種が大暴れ
小さいころ、草むらで遊ぶと必ず服についてきたアイツ。
いっぱい集めて友達の服めがけて何度も投げつけたアイツ。
そう、ひっつき虫こと「オナモミ」です。
環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されているのをご存じですか?
出典:生物多様性情報システムのホームページ
環境省は「絶滅の危機に瀕している種」(絶滅危惧I類)と「絶滅の危険が増大している種」(絶滅危惧II類)をあわせて絶滅危惧種と呼んでいます。
オナモミがII類として掲載されたのは、2007年の第3次レッドリスト。
ほぼ5年おきに見直されますが、2012年の第4次にも掲載されています。
その背景にあるとみられるのが、外来種「オオオナモミ」の存在です。
環境省のホームページに「要注意外来生物リスト」が掲載されていて、そこにオオオナモミに関する記述がありました。
・河川敷や牧草地等へ侵入するため、河原に固有な在来種や牧草への競合・駆逐のおそれがある。
・牧草地に侵入すると家畜に有毒であり、総苞の付着による羊毛の品質低下も問題になっている。
・侵入経路や分布拡大のメカニズムを把握し、効果的な防除方法や分布拡大の抑制策の検討が望まれる。
出典:環境省のホームページ
日本生態学会によって、日本の侵略的外来種ワースト100にも選定されているようです。
(with newsさんより)

詳細は上記リンク先でご覧くださいね。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

虫よけリング
ネットで、100円ショップに虫よけのリングが売られてるの知って、買ってきました。
私がかったのは、ポリウレタンでできたヒモを編みこんだ腕に巻いて使用するタイプのものです。

使用されている精油は、ラベンダー、フウロソウ、ペパーミント、シトロネラ
とあります。
ユスリカ、ヨコバイ
について試験されてると書いてました。

買ってきたものの、どんな香りがするのか、つけた感触はどんなものか、など、試してみたいことがいろいろあるのですが、なんだか皮膚が負けちゃいそうで開けられずにいます。
精油成分はどういう方法で本体にしみこませてるんでしょうね??

使用の目安は1日あたり6時間使用で、約1ヶ月。
いろんな色やタイプのものが販売されていたので、もしちゃんと忌避作用があればお買い得かな??

勇気を出して試してみたら、また報告しますね。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

第56回香りトワ・エ・モアセミナー
7月に行われる香りトワ・エ・モアセミナーは、アロマセラピストの将来ビジョンと求められるスキルです。
講師は林真一郎氏です。
インストラクター受験時は林真一郎氏の本で勉強したなぁ~~と思い出します。

セミナー内容は↓。
第56回アロマセラピストの将来ビジョンと求められるスキル
日時:2015年7/17(金)(受付:14:30~) 15:00~17:00
会場:香りの図書館/閲覧室(弊社ビル2F)
※受講者数により、やむを得ず会場を変更することがございますので予めご了承下さい。
受講料:5,000円(税込)(香りの図書館 会員の方は、4,000円(税込))
お申込みフォーム、お客様コード(会員証に記載の番号)を 必ず明記してください。
※こちらのセミナーは「当日払い」は受け付けておりませんので、ご注意下さい。
締切日:2015年7/14必着
申込方法:お申し込みフォームまたはTEL、FAX、郵送でお申込み下さい。
主催:フレグランスジャーナル社「香りの図書館」
お振り込みは、当社から“受講証”と“請求書”がお手元に届いた後に、お手続きをお願いいたします。
*なお、ご入金されました後のご返金は、出来かねますのでご注意下さい。
講師紹介
林真一郎 先生 
グリーンフラスコ代表
わが国にアロマセラピーが紹介されてすでに30年が過ぎます。この間に情報化や高齢化は一層進み、不眠や抑うつ、認知症などの増加が社会問題化しています。こうした背景から予防医学やセルフケアの必要性が高まり、アロマセラピーに対する社会的ニーズが高まっています。その一方でアロマセラピストの活躍や社会的認知はいまひとつと言わざるを得ません。私の個人的な見解としてはアロマセラピストは精油を扱うだけでなく、メディカルハーブ、さらには野菜や果物などの植物性食品にまでドメインを広げるべきだと思います。ひとことで言うなら「アロマセラピストからフィト・アロマセラピストへ」というところでしょうか。そのことによってセルフケアの領域が広がり、クライアントのライフスタイルを提案しやすくなるからです。今回のセミナーでは社会的ニーズの変化に伴うアロマセラピストの将来ビジョンを考え、また求められるスキルの習得について、①ヘルスサイエンス ②コミュニケーション ③EBMと情報リテラシー の3つの柱によるカリキュラムを提案してみたいと思います。現場のアロマセラピストの皆さんとの意見交換を楽しみにしています。
(専門領域:植物療法 ・フィトケミカル・統合医療)
(フレグランスジャーナル社さんHPより)

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

ムカデ(百足)その4
このブログを始めた頃、ムカデについてちょこちょこ書いてたことがあります。
ヒノキの精油を使ってムカデ忌避ができるかも?って内容でした。

夕方、母から電話がきたのですが・・・、
退院したばかりの父が、ムカデにさされたからなにかアロマで作って欲しい
と・・・。

いやいや・・・、まず病院でしょ??
ってことで、退院したばかりの父はまた入院していた病院のお世話になりました。
幸い、たいしたことはなかったようです。

頂き物のサニーレタスのはっぱの影にムカデがひそんでいたそうで、舌と歯茎の2箇所さされたみたいです。
そのサニーレタスって、昨日父以外の家族みんな食べてるんですよね・・・。
よりによって、退院した当日の父に・・・・、って思いますが、家族を守ってくれたと感謝したいと思います。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。