ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

用語解説
今朝、WHOのインフルエンザ警告フェーズがフェーズ4からフェーズ5に引き上げられましたね・・・。
厚生労働省のHPに、新型インフルエンザ対策ガイドラインがありました。
その中に用語解説があったので、引用させてもらいました。

新型インフルエンザ
過去数十年間にヒトが経験したことがないHAまたはNA亜型(ウイルスの表面にある赤血球凝集素HAとノイラミニダーゼNAという、2つの糖蛋白の抗原性の違いにより分類されるサブタイプ)のウイルスが、ヒトの間で効率的で持続的なヒト-ヒト感染により伝播してインフルエンザの流行を起こした時にこの言葉を用いる。

鳥インフルエンザ
一般的に、水禽を中心とした鳥類が保有し、ヒトのインフルエンザウイルスとは別のA型インフルエンザウイルスの感染症のことを指す。このうち感染した鳥が死亡したりするなど、特に強い病原性を示すものを「高病原性鳥インフルエンザ」と呼ぶ。
近年トリからヒトへ、インフルエンザウイルス(H5N1)の感染事例を認めるが、病鳥と近距離で接触した場合、又はそれらの内臓や排泄物に接触するなどした場合が多いと考えられており、調理された鶏肉や鶏卵からの感染の報告はない。

パンデミック
感染症の世界的大流行。
特にインフルエンザのパンデミックは、近年これがヒトの世界に存在しなかったためにほとんどのヒトが免疫を持たず、ヒトからヒトへ効率よく感染する能力を得て、世界中で大きな流行を起こすことを指す。

フェーズ
世界保健機関(WHO)のパンデミックフェーズの定義に準じた分類。感染の場所により6つのフェーズに分類し、さらに国内で発生していない場合(国内非発生)を「A」、国内で発生した場合(国内発生)を「B」に分けている。現段階は、フェーズ3A(ヒトへの新しい亜型のインフルエンザ感染が確認されているが、ヒトからヒトへの感染は基本的にはなく、ヒト-ヒト感染による感染の拡大はみられない。国内非発生)である。

サーベイランス
見張り、監視制度という意味。特に感染症に関しては、「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に基づき、定時的な感染症の発生状況(患者及び病原体)やその状況からの動向予測(感染症サーベイランス)が行われている。

積極的疫学調査
「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」第15条に基づき、保健所等が感染症対策を目的として直接実施する疫学調査を指す。

抗インフルエンザウイルス薬
インフルエンザウイルスの増殖を特異的に阻害することによって、インフルエンザの症状を軽減する薬剤。

プレパンデミックワクチン
新型インフルエンザウイルスがパンデミックを起こす以前に、鳥-ヒト感染の患者または鳥から分離されたウイルスを基に製造されるワクチン(現在はH5N1亜型を用いて製造)。

パンデミックワクチン
パンデミックが実際に発生した際に、ヒト-ヒト感染を起こしているウイルス株から作成されるワクチン。

PPE(Personal Protective Equipment:個人防護具)
マスク、ゴーグル、ガウン、手袋等のように、各種の病原体、化学物質、放射性物質、その他の危険有害要因との接触による障害から個人を守るために作成・考案された防護具。特に病原体の場合は、その感染を防御することが目的であり、感染経路や用途(スクリーニング、診察、調査、侵襲的処置等)に応じて適切なPPEを考案・準備する必要がある。

咳エチケット
インフルエンザ患者やそれが疑われる患者に対して推奨される感染対策。
・咳やくしゃみをする際にはティッシュなどで口と鼻を押さえ、他の人から顔をそむけ、1m以上離れる。
・呼吸器系分泌物を含んだティッシュを、すぐに蓋付きの廃棄物箱に捨てられる環境を整える。
・咳をしている人にマスクの着用を促す。
*マスクはより透過性の低いもの、例えば、医療現場にて使用される「サージカルマスク」が望ましいが、通常の市販マスクでも咳をしている人のウイルスの拡散をある程度は防ぐ効果があると考えられている。
*一方、健常人がマスクを着用しているからといって、ウイルスの吸入を完全に予防できるわけではないことに注意が必要。

PCR(Polymerase Chain Reaction:ポリメラーゼ連鎖反応)
DNAを、その複製に関与する酵素であるポリメラーゼやプライマーを用いて大量に増幅させる方法。ごく微量のDNAであっても検出が可能なため、病原体の検出検査に汎用されている。インフルエンザウイルス検出の場合は、同ウイルスがRNAウイルスであるため、逆転写酵素(Reverse Transcriptase)を用いてDNAに変換した後にPCRを行うRT-PCRが実施されている。

リスクコミュニケーション
我々を取り巻くリスクに関する情報を、行政、住民などの関係主体間で共有し、相互に情報伝達を行い、意思疎通を図ること。

感染経路
一般的に病原体の感染経路として、下記があげられる。
・接触感染:皮膚と粘膜・創の直接的な接触、あるいは中間に介在する環境などを介る間接的な接触による感染経路を指す。
・飛沫感染:病原体を含んだ大きな粒子(5ミクロンより大きい飛沫)が飛散し、他の人の鼻や口の粘膜あるいは結膜に接触することにより発生する。飛沫は咳・くしゃみ・会話などにより生じ、飛沫は空気中を漂わず、空気中で短距離(1~2メートル以内)しか到達しない。
・空気感染:病原体を含む小さな粒子(5ミクロン以下の飛沫核)が拡散され、これを吸い込むことによる感染経路を指す。飛沫核は空気中に浮遊するため、この除去には特殊な換気(陰圧室など)とフィルターが必要になる。

感染症サーベイランスシステム(NESID)
感染症法では、感染症の発生を迅速に把握することによって、感染症の予防と拡大防止、そして国民に正確な情報を提供することを目的として、日常的に種々の感染症の発生動向を監視している。これは感染症を診断した医療機関からの発生報告を基本としているが、これら発生報告を一元的に効率よく収集解析するために、地方自治体と国の行政機関を結ぶネットワーク、あるいはインターネットをベースに構築された電子的なシステムを指す。
(厚生労働省新型インフルエンザ対策ガイドライン用語解説(リンク先PDFです)より)
スポンサーサイト

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

サイトカインストーム
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

インフルエンザ警告フェーズ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

抗感染作用
今日は抗感染作用のある精油について紹介したいと思います。

抗感染症作用とは、細菌、真菌(カビ)、ウイルスからの感染を抑制する作用のことで、抗感染作用のある精油は、
アジョワン(++++)、オレガノ(広範囲の菌に対して有効++++)、カユプテ(++)、カラミント(+)、クラリセージ(軽度+)、コリアンダー(++)、シトロネラ・ジャワ(++)、シナモン(葉)(++++)、セージ(++)、ゼラニウム・エジプト(+++)、ゼラニウム・チャイナ(+++)、ゼラニウム・ブルボン(+)、タイム・パラシメン(+++)、タイム・マストキナ(++)、タラゴン(+++)、ニアウリCT1(++++)、ニアウリCT3(++)、ネロリ(++)、パチュリー(+)、ヒソップ(匍匐性)(++++)、ブラックスプルース(++)、ベルガモット(++)、マートルCT1(+)、マジョラム・ウインター(+++)、ミルラ(++)、ユーカリ・ポリグラクティアCT2(+++)、ラベンダー・アングスティフォリア(+)、ラベンダー・ストエカス(+++)、リトセア(++)、ローズ(++)、ローズマリー・カンファー、ローズマリー・シネオール(+++)、ローズマリー・ピラミダリス(+)、ローズマリー・ベルベノン(+)、ロックローズ(+++)、ロベジ(++)
などです(参考書籍:NARDケモタイプ精油事典)。

オレガノはプラナロムさんがカプセルを販売もされているので、利用するのもいいかもしれないですね。
オレガノカプセル
原材料:ヒマワリ油、ゼラチン、オレガノ精油、グリセリン、水
40カプセルで、2,940円です。
用途は、抵抗力のある体をつくりたい方に
とありました。

*作用は、(++++)>(+++)>(++)>(+)となります。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

豚インフルエンザ
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


カレンダー

03 | 2009/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。