ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

霊芝
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ごっくんラベル大賞作品募集
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

梅肉エキスの作り方
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

スペアミント
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ウメ
昨日、知り合いの方からウメを3kg頂きました。
どうもありがとうございました。
母に渡したら梅酒にしてくれるそうです(笑)。

ウメを下さった方がウメジュースの作り方を教えてくださいました。
ウメはまず冷凍庫で凍らせてから、お砂糖と一緒に容器に入れるとウメ汁(?)がすぐ出てきてくれるそうです。
それを薄めるとウメジュースのできあがり。
寝かせるほうが味がよくなるとのことでした。
・・・、ウメジュースも興味がありますが、私はやっぱり梅酒がいいかな(笑)???

ウメについて調べてみると、
学名 Prunus mume
科名 バラ科
利用法 未熟な果実を洗ってからすりおろし、果汁だけ搾り取って土鍋で煮詰めると梅肉エキスになり、消化不良のときになめるとよい。他に梅干し、梅酒など幅広い加工法があり、いずれも疲労回復、暑気あたり防止に役立つ。
植物の特徴 薬用として中国文化とともに渡来したといわれる。樹皮や小枝を煮出すと薄紅色の染料になる。
注意 若い果実には青酸配糖体のアミグダリンが含まれ、生食すると有害である。
(ハーブスパイス館―Herb & spice bookより)

青酸配糖体ってアジサイの葉にも含まれてるってニュースありましたよね・・・。
子供の頃、母が梅干をつけるのに買ってあった生ウメかじった記憶あり・・・。
あの甘酸っぱい香り、おいしそうなんですよね~~~。
有毒とは知りませんでした(涙)。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体


カレンダー

05 | 2008/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。