ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人体の不思議展その2
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

プラナロム
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

ジャーマンカモミールその2
今日は、一昨日作ったジェルに入れたジャーマンカモミールについて調べてみました。

カモミールジャーマン
学名 Matricaria recutita
科名 キク科
抽出部位 花
主な産地 エジプト、スロベニア
主な成分 ビサボロールオキサイド、trans-β-ファネッセン、ビサボレンオキサイド、など
香りの特徴 生臭さのある濃厚な甘い香り。
精油の特徴 早朝に収穫された花部から、最も質のよい精油が抽出される。ジャーマンカモミール油は、深みのある濃いブルーをしており、多量のカマズレン、ファーネッセン、ビサボロールを含有している。
適用 主に感染症の皮膚病、湿疹、胃の不調など。カマズレンが痒みを抑えたり、炎症を抑えるのに非常に有効で、医薬品や化粧品にも利用されている。また、カマズレンには、抗ヒスタミン効果による各種アレルギー疾患に効果がある他、優れた抗炎症作用、組織再生作用があり、アトピーなどで特に痒みがひどい場合に、処方を加えると効果が期待できる(但し、アトピーにはさまざまな要因があり、残念ながらすぺての患者に効果があるわけではない)。
注意事項 ブタクサアレルギーの人はアレルギー反応を示す場合がある。
(参考書籍:NARDケモタイプ精油事典、エッセンシャルオイル&ハーブウォーター375)

他の書籍では、学名がMatricaria chamomillaとなってるものもありますね。
違いは何なのでしょう・・・???

私が一昨日私が作ったジェル・・・、肌の調子はあまりよくなってないです(涙涙)。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

こんにゃくスポンジ
今日、こんにゃくスポンジを作ってらっしゃる(有)畑中義和商店さんの専務取締役さんから、以前私がブログで紹介した、こんにゃくスポンジの作り方について、コメントをいただきました。
どうもありがとうございました。

こんにゃくスポンジの作り方についてのアドバイスもいただきました。
こんにゃくスポンジ゙の作り方は基本的に私が紹介した通りらしいのですが、スポンジになったら乾燥させなくてもそのまま使えるそうです。
ただ、こんにゃくに入っている石灰量や、冷蔵庫の温度調整(こんにゃくの凍ってゆく時間)が問題で、なかなかふわっとしたスポンジができないのではないかとのことでした。

プロの方からアドバイスいただけてすごくうれしいです。
私はこんにゃくは買ってあるのですが、まだ実行してないので、近いうちに試してみたいと思います。
本当にありがとうございました。

アドバイスいただきました(有)畑中義和商店さんは、130年も手作りでこんにゃくスポンジや凍りこんにゃくを製造されています。
すごいですね!!!!!
こんにゃくスポンジは、つやの玉Mサイズ(525円)、つやの玉Lサイズ(840円)、こんにゃく美肌(714円)、こんにゃく美顔(840円)で、凍りこんにゃくは20枚入り(840円)だそうです。
凍りこんにゃくって初めて知りました。
こんにゃく美顔は、タオル状のこんにゃくスポンジだそうです。
通信販売もされてるので、是非今度注文させていただきたいと思います。

また、(有)畑中義和商店さんのHPには、製造工程や、使い方も紹介されてます。
コメント、本当にありがとうございました。

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

肌荒れその3
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。