ブログ内検索

カテゴリー

最近の記事

月別アーカイブ

リンク

このブログをリンクに追加する

アロマ日記
日々の生活の中でのアロマテラピーとの繋がりを綴る、アロマブログです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブレその6
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

パチュリー
化粧水に使ったパチュリーの精油について今日は書きたいと思います。

パチュリーの香りは、よく言うと、スパイシーでエキゾチックな香り、って感じでしょうか?
悪く言うと、仁丹・・・???
今日、改めて精油のビンを開けて匂ってみたらそんな気がしなくもないかな・・・??なんて思ってしまいました(涙)。

パチュリーは、
学名 Pogostemon patchouli
科名 シソ科
抽出方法 水蒸気蒸留法
抽出部位 葉を乾燥させ、その後発酵させてから蒸留する
植物としての特徴 パチュリーは土地を疲弊させる低木で、土地が肥えてないと生い茂らない
精油の特徴 パチュリーの精油は年とともに質がよくなっていき、いっそう香りが強くなる
治療上の特性 強壮作用、解熱作用、抗うつ作用、催淫作用、細胞成長促進作用、殺真菌作用、殺虫作用、収斂作用、消炎作用、消毒作用、沈静作用、デオドラント作用、瘢痕形成作用、利尿作用
注意事項 少量を用いると鎮静作用を示し、多量を使用すればむしろ刺激作用をあらわす
心に対する働き 無気力を払いのけ、理解力を鋭敏にするように働きかける
           心に対して現実にしっかり足をつかせバランスをとるように促す、など
体に対する働き 強力な収斂作用、瘢痕形成作用に基づく結束作用で過度のダイエットによる緩んだ皮膚を引き締めるのに役立つ、など
肌に対する働き 皮膚の細胞の再成長と瘢痕形成とを助ける組織再生剤だといわれている
           皮膚の細胞を活性化する若返りの精油として有名、など
参考書籍:アロマテラピーのための84の精油アロマセラピーで元気になる!

テーマ:アロマテラピー - ジャンル:心と身体

岩盤浴その2
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

化粧水その8
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

めまいその2
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力


カレンダー

12 | 2007/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

広告

参考書籍

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。